www.lextoria.net

カードを使用取りやめにする際の申請手順それ自体は意外にたやすいのだが、無効化するをする上で考えておきたい点なども忘れないでおくだけで、カードの無効化をうまく完了させることが簡単になるに違いありません。列挙してしてみたため出来れば確認してみてほしい。カード加入の直後さしたる事情もなく間髪入れず無効化を行ってしまうのはやめておくべき…クレジットカード加入手続きしたすぐ後いきなり当のカードを無効化すると、信用のない顧客というようにクレジットカード会社ににラベリングされるなどというありがたくない出来事がないとも限りません(例えば頻繁に申請→使用取りやめになどという作業をやってしまったというとき)。加入プリペイドカードのプレゼントの獲得が目的である登録の場合ギフト券または優待券などという加入時の利点の全てを味わい尽くしたのですぐに契約破棄をしたくなるような人情も理解できます。それでも当事者から見た見方を基準にして推し量ってみれば計算高い人間に対してはもう決して組織の提供するクレカを所持されて余計なコストを増やしたくないと評価するのは納得するしかないでしょう。故に、あくまで入会時の特別待遇を狙ってクレカをという代物を登録した場合でも、早まって契約解除行わずにまずは6ヶ月、出来れば登録後365日が経過するまではそのクレジットカード自体を保有して契約解除の電話はその後で行うように推薦したい。他には作成時のサービス・ポイントということのみに限らずとりあえず申し込んではみたものの使わないから・・・というようなケースでもまず6ヶ月が過ぎるまではそのクレジットを持ちして欲しい。クレジットカードの使用者側が思っているのとは裏腹にクレジットカードという代物を始めから発行するためのマージンというのは避けられないものだと考えてほんの少しでもゆとりを与えてあげようという具合に思って下さるならばお互い悪い気分にはならないように思います

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.lextoria.net All Rights Reserved.